自社の強みは何か?売れている競合の強みは何か?お客様が欲しているものは何か?

これらを考えるのは非常に重要なことです。もし自社に大きな強みがないならば、それでも大丈夫です。これから作り出す事が可能だからです。

考えてみてください。売れている商品が、お客様全員の欲求を満たしているといえるでしょうか?答えはNoです。満たされていない欲求に応える事が出来れば、あなたも「売れる商品」を生み出すことが可能です。それを生み出すのが、「マーケティング」です。

マーケティングとは、「顧客価値を生み出す」プロセスです。簡単にいえば、「お客様にとって、イイコトを生み出す」=ベネフィットを与える手法です。

そして、マーケティングは「ミッション」「戦略」と「戦術」から成り立っているのです。

山に例えるなら、ミッションは「目指すべき山頂はどこ」、戦略は「山頂に行く最適な道はどこ」、戦術は「最適な道から頂上に向かう具体的な準備」を指します。

ある企画商品で、年間2億円の売上を出すという山頂を目指すならば、競合が追いつけない道を探るべく、競合が満たしていない顧客ニーズを見つけ、自社の強みとなる商品に企画を成長させることが「戦略」。そして、その商品をどう顧客に認知してもらい、潜在顧客から購入顧客に導くかを考えるかが戦術になります。

大事なのは、「戦略」です。戦略がなければ、戦術は機能しません。特に商品戦略を考えるならば、3C分析・マーケティングの4P,4Cといった基礎的で最も活用できるマーケティングフレームワークを使って「売れる商品」を企画していきましょう。当社では企画・戦略構築のお手伝いをさせて頂きます。